Staff Blog

ドローンサッカー用ドローン購入!

2019.10.3

 

ドローンサッカー用のドローン購入!

今 とっても熱いドローンを使ったNEWスポーツの

ドローンサッカー用ドローンですが、スタッフが私財で購入!

こんな感じで手元に到着!

私は、見た目のかっこが気に入ったFUTABA T10Jの組み合わせセットを購入!

お値段・・86,800円(税抜) ドローンサッカーの機体のみでは58,600円

(税抜)なので、プロポ(送信機)と受信機が実質28,200円!

すでにプロポと受信機を持っている方は、ドローンサッカーの単体の

58,600円(税抜)でスタートできちゃいます!

プロポ別のセット価格はこのようになっています。

Futaba T6L set 69,800円

Futaba T6K set 79,800円

Futaba T10J set 86,800円

Futaba T12K set 94,800円

すべて組立済みで、スタッフによりプログラミングさてれいて

プロポ(送信機)のスイッチを入れてバッテリーをつなげば即フライトできます!

送信機はこれにしました!! バッテリーは前から持っていたこれ!

バッテリーは3セルタイプの2,200mAhと急速充電器を用意しました!

ちなに、バッテリーと充電器などは近々オートバックスドットコムで

発売されるので、これから集める方はドットコムからお願いします!

ドットコムのURLはこちらです!

https://www.autobacs.com/static_html/spg/d-soccer/top.html

このドローンを使って先週の熊本でのドローンサッカー試合に

出場してきましたので後日ご紹介いたします!

試合では、「スピード」「音」「光」「衝撃」「風圧」

満喫! あまりに楽しみすぎて機体は少しやれて来たので

機体のリフレッシュもかねてメンテナンスをご紹介させていただきますね!

ドローンを守るガード 5角形の樹脂製フレーム「ペンタガード」の交換

組み立てると上の写真のようになりますのでドローン心臓部とつなぎます!

試合ではこの「ペンタガード」が衝撃を吸収するので本体心臓部への

ダメージは最小限に抑えられる仕組みで、割れてしまった場合には

割れた部分だけを交換することができます。

ペンタガード同士をつなぐのは専用の「棒」でつなぎますが

外れないように、市販のインシュロック(タイラップ)で止めます

プロペラも交換可能!

8㎜のボックスレンチで交換できます!

私は仕事柄電動ドライバーを使って、「バリバリっと」外しちゃいます!

クルマのレースでいうPIT IN 作業ですね!(タイヤ交換みたい・・・)

ホームセンターで安く購入できますよ!

基本メンテナンスはこれでOKですが、操縦性を好みに

カスタマイズするプログラムにも対応していますので

パソコンと接続して設定を変えることもできます!

ここにマイクロUSBでパソコンと接続します!

プログラムセッテイングの様子

 

次回はこのあたりもご紹介してまいります!

 

では!

 

一覧へ