Staff Blog

【イベントレポート】USAフェス in 四日市門前町

2019.9.12

どーも!はじめまして。

この度、オートバックスのドローンチームに仲間入りさせていただきました、

A・A美(えーえーみ)と申します。

ドローンについては、まったくの素人で”興味”しかない私ですが、

素人目線で様々な情報を発信していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

 

さっそく!!!

先週、9月8日(日)に大分県宇佐市四日市門前町にて開催された

USAフェスにて、ドローンサッカーのデモンストレーションを行ってきました!

 

 

台風の影響を心配していましたが、雨女&雨男はいなかった。。。

 

とてつもなく、快晴ーーーー!!!!

気温36度の激熱なコンディションに喜びつつも、体力を吸い取られながら設営。

(始まる前からすでに汗だく&クタクタ)

 

が、しかし!

 

お客さんは、初めてみるドローンサッカーに興味しんしん!

何がはじまるの??みんな集まってくる。

 

あれなーに?あれなーに?

 

アッツアツに仕上がったパイプ椅子にも果敢に、うまいこと座ってくださり、

ドローンの飛ぶ「シュイーーーッン」の音にわくわくしているのが伝わってくる!

 

わかるぅ、わかりすぎますぅーーー!!

 

ドローンサッカーを見るのって、私は3回目ですけど、

「何コレ、ナニコレ!?どうなるの!?何か起こるの?!ひゃっひゃっほーい!!?」

 

って、とてつもなくワクワクするんです。

 

ドローンサッカーって何!?という方にちょっとご説明。

 

ドローンサッカーは、ドローンを使った新しい”xRスポーツ”です。

 

ルールは、簡単!

今回は3人対3人(通常は5人×5人)、3分×3回のエキシビジョンマッチです。

向かい合って、ゲージの外でコントローラーを使って一人一機を操縦します。

ゲージの中には6機のドローンボールがいることになります。

 

敵のフラフープみたいなゴールに点数を多く入れた方が勝ち。

ただし、シュートできるのは1チームの中で一人だけ。

二人はゴールを守ります。

 

 

ね、サッカーみたいでしょ。

 

 

3分ごとに機体の調整や修理をパパっと行わねばなりません。

 

 

 

通常のドローンって、

人やモノに、ぶつけないように注意しながら飛ばさないといけませんよね。

 

でもドローンサッカーはガシャンガシャンと激しいぶつかり合い、ぶつけ合いが醍醐味!

日頃のストレスもすべて吹っ飛ぶんだろうなーっと見惚れます(笑)

 

 

大人にまぎれて、小学生も!!!

老若男女、問わす、だれでも楽しめるのがドローンサッカーの魅力でもあります。

これ、最高!

 

参加された選手のみなさんは、汗だくになりながらも、

とーーっても楽しそうでイキイキしていました。

見てくださった方々も、その迫力に魅了されていたようです。

 

初めて見る人も、きっと、やってみたいやってみたいとウズウズするはず。

 

これから私も、もっともっとドローンサッカーについて勉強して、お伝えしていきますね。

 

<おまけ>

ガシャンとやられて、壊れすぎたドローンボール・・・。

 

 

(おまけのおまけ)

実は、私は人生初めての大分。
自分へのおみやげ、、、欲張りすぎました。

 

 

 

一覧へ