Staff Blog

ドローンサッカー体験 in 大分

2019.9.2

歳のせいか、最近ケガが治りにくいなーと思うアワジンです、こんにちは。手の甲を擦りむいたのですが、治らないどころか傷口が化膿して悪化し続けています。この場合病院の何科にかかるのがいいのかわからないのでそのまま放置しています……。

―――

さて本題。

8月31日(土)に大分県でドローンサッカーのデモンストレーション&体験会を開催しました。
場所は大分駅前にある大原学園さん。

 

今回は大分県の職員向けの体験イベントです。

 

なぜ大分県の職員向けなのかというと、当社は大分県と包括連携協定を結んでおり、協定のなかで「VRやドローンを活用したeスポーツイベントの開催」という項目があるのです。

※大分県との包括連携協定について

 

そこで県の職員にまずはドローンを身近に感じていただくためのイベントです。

 

 

ドローン同士がぶつかり合う音やスピードなど、想像以上のドローンサッカーの迫力に皆さん驚いた様子。仕事でドローンを飛ばしている県庁職員の方も、急遽チームを作って飛び入り参加しました。

 

またこの日は夏休み最終日ということもあり、お子さまも多数参加。

 

ドローンサッカーの小型版「スカイキック」で体験していただきました。

 

こうして当社では、ドローンを使った新しい競技「ドローンサッカー」の認知向上と普及に努めています。

 

※おまけ

ARスポーツ「HADO」も体験していただきました。

 

HADOとは頭にスマートフォン用のヘッドマウントディスプレイと腕にアームセンサーを装着し、自分の身体を動かすことで技を繰り出しプレイするスポーツです。

 

こんな感じでエナジーボールをぶつけ合います。これがめっちゃ楽しいんです♪

 

参加した皆さんの「楽しかった!」の笑顔がたくさん見られて、皆さんにとって充実したひとときとなりました♪

 

一覧へ