Staff Blog

「キャンプイン」?!オートバックス・ドローンアンバサダー・山本昌さんのドローン特訓

2019.8.21

先日、11年使ったテレビがとうとう壊れたアワジンです、こんにちは。

映らなくなりました

 

たまたま同僚の家に同じ大きさのテレビが余っている、とのことだったので頂いちゃいました。
ありがたや。

 

しかしこの11年のテレビの革新はすごいっすね。厚さが全然違います。

ーーー

さて本題。

去る6月19日、スポーツコメンテーターで元中日ドラゴンズ投手の山本昌(やまもとまさ)さんに「オートバックス・ドローンアンバサダー」に就任していただきました。
そのときの記事

山本昌さんはラジコンカーの操縦は玄人レベルですが、実はドローンについてはまだまだ初心者。

そこで!今日は山本昌さんにドローンの操縦を練習していただきましょう!
就任していただいたときは「入団会見」っぽく演出したので、今回はプロ野球でいうところの「キャンプイン」ですね。

 

 

今回の課題はDJIのドローン操縦士試験でも実際に行う飛行試験の雰囲気を体験していただきます。

 

DJIスペシャリストのスタッフIから改めてレクチャーを受けました。

 

まずは自由に飛ばしていただきましょう。

 

さすが、ラジコンで培われたプロポさばきは初心者レベルを超越していますね。
実はドローンは障害物に接触しないよう、いろんなセンサーを搭載しています。これで機体と地上の人たちに危険が及ばないようになっています。でももし、飛んでいる最中にセンサーが故障したら?

ということで、センサーを無効にして飛ばしてみましょう。手前のコーンと奥のコーンの上を往復して練習します。
まずはオートバックス・ドローンスタッフIが見本を見せます。

 

はい。安定していますね。それでは山本昌さんどうぞ。

 

壁に接触して落下してしまいました。

 

いいんです、いいんです。いまは練習です。こうした失敗を経験しておくことも大切なのです。

 

なお、プロ野球のキャンプには各テレビ局のレポーターがキャンプレポートをするのですが、オートバックスセブンでもご用意しましたよ、キャンプレポーター。

女子アナ風ですが当社ドローンスタッフです

 

 

マイクはドン・キホーテで買いました。

 

「センサーなしで飛ばしてみた感想は?」

「いやぁ、ホバリングするのも難しいですね。ということは、これまでセンサーがすごくいい仕事をしていたってことですよね。センサー、偉大です(笑) これからもっともっと練習して、皆さんにドローンの楽しさをお伝えできればと思います」

 

その後、約2時間みっちり練習を重ねました。

 

練習終了後

「DJIスペシャリストの試験受けようかな…」(山本昌さん)

 

はい。ドローンの面白さ・奥深さにどんどん引き込まれる山本昌さんでした。

 

 

 

※今回ドローンを練習した場所

サンプラザスポーツクラブ
〒465-0036 愛知県名古屋市名東区藤里町1601番地
サンプラザシーズンズ内

営業時間:
月~土9:00~22:00、日9:00~17:00
TEL:0120-267-088

HP: https://sportsclub.sunplaza-seasons.jp/

 

 

 

 

一覧へ