安全飛行ガイド

1.飛行ルールの対象となる機体

平成27年9月に航空法の一部が改正され、平成27年12月10日からドローンやラジコン機等の無人航空機の飛行ルールが新たに導入されることとなりました。
今回の法改正により対象となる無人航空機は、「飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって構造上人が乗ることができないもののうち、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの(200g未満の重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)のものを除く)」です。
いわゆるドローン(マルチコプター)、ラジコン機、農薬散布用ヘリコプター等が該当します。

2.無人航空機に係る航空法改正について

無人航空機の利用者の皆様は、以下に記載している無人航空機の飛行禁止空域や飛行の方法に関する同法のルール及び関係法令を遵守して無人航空機を飛行させて下さい。
また、無人航空機を飛行させる場合には、当該ルールの遵守に加えて、以下のガイドラインもご一読いただき、第三者に迷惑をかけることなく安全に飛行させることを心がけましょう。
なお、無人航空機の飛行や改正航空法の解釈について不明な点がございましたら、「4.改正航空法に関するよくあるご質問」の「無人航空機に関するQ&A」や「無人航空機に係る規制の運用における解釈について」もご活用下さい。
※航空法に定めるルールに違反した場合には、50万円以下の罰金が科せられますので、ご注意ください。

無人航空機の飛行の許可が必要となる空域について

以下の(A)~(C)の空域のように、航空機の航行の安全に影響を及ぼすおそれのある空域や、落下した場合に地上の人などに危害を及ぼすおそれが高い空域において、無人航空機を飛行させる場合には、あらかじめ、地方航空局長の許可を受ける必要があります。

具体的な許可が必要となる空域など詳細についてはこちら
※各空港等の周辺に設定されている進入表面等の大まかな位置や人口集中地区の範囲を記載した地図については、地理院地図においても確認可能です。

DJI(フライトマップ)

エリアを日本に変更してご利用ください。

国土地理院 「地理院地図」

分布図が見れない方は、左上にある「情報」から「全て」のタブをクリックし「他機関の情報」を選択、表示範囲に絞り込みを「ON」にして「人口集中地区 平成27年」を選択してご利用ください。

無人航空機の飛行の方法

飛行させる場所に関わらず、無人航空機を飛行させる場合には、以下のルールを守っていただく必要があります。

  1. 日中(日出から日没まで)に飛行させること
  2. 目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること
  3. 人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させること
  4. 祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行させないこと
  5. 爆発物など危険物を輸送しないこと
  6. 無人航空機から物を投下しないこと

上記のルールによらずに無人航空機を飛行させようとする場合には、あらかじめ、地方航空局長の承認を受ける必要があります。

承認が必要となる飛行の方法

※捜索又は救助のための特例について
上記の(1)及び(2)の飛行ルールについては、事故や災害時に、国や地方公共団体、また、これらの者の依頼を受けた者が捜索又は救助を行うために無人航空機を飛行させる場合については、適用されないこととなっています。
一方、本特例が適用された場合であっても、航空機の航行の安全や地上の人等の安全が損なわれないよう、必要な安全確保を自主的に行う必要があることから、当該安全確保の方法として、以下の運用ガイドラインを当局として定めていますので、特例が適用される機関や者については、本運用ガイドラインを参照しつつ、必要な安全確保を行うようにして下さい。

3.許可・承認の申請手続について

詳しくは国交省のサイトにてご確認ください。

4.安全に離着陸を行う

Safe to Fly (GPS):離陸するまえにDJI GOアプリが「Safe to Fly (GPS)」になっていることを確認してください。

DJI GO アプリ

  • 自動離陸

    機体は自動的に離陸し高度1.2メートル地点でホバリングします。

  • 自動着陸

    機体は自動的に離陸し高度1.2メートル地点でホバリングします。

  • リターントゥーホーム

    機体は自動的に離陸し高度1.2メートル地点でホバリングします。

ホームポイントに戻る間、機体は障害物を避けることができません。フライトのまえに必ず適切なRTHttてください。また障害物を避けるためにコントロールスティックを使用してください。安全ガイドラインや免責条項をご確認ください。

手動での離着陸

  • Combination Stick Command(CSC)モーターを起動・停止します。

  • スロットルレバーをゆっくりあげ、離陸します。

    機体が地面につくまでスロットルレバーをゆっくり下げます。
    スロットルレバーを数秒間、一番下へ下げ続けるとモーターが停止します。

安全にフライトを楽しむ

フライトを楽しむ前に

  • 飛行前には、すべての機器を充電し、点検チェックリストに沿って、必ず機体の点検をおこなってください。
  • DJIパイロットトレーニングガイドモード1、モード2で操縦の練習をし、飛行スキルの上達をはかってください。
  • 下記の注意点をご留意下さい。
  • フライト禁止人の近く、人の上、樹木、電線、または建物の近く。

  • フライト禁止 雨、雪、霧、および風速10m/sまたは22mph以上。

  • より詳しい情報は:
    http://www.dji.com/jp/flysafe/no-fly

  • 高度150メートル以下をフライトしてください。

  • 建物の裏をフライトしないでください。また、障害物で視界を遮られないようにしてください。
    インテリジェントモードは飛行補助機能であり、自動飛行ではありませんので目視範囲で行ってください。

  • 安全のために、基本的なフライトガイドラインを理解してください。
    より詳しい情報は安全ガイドラインおよび免責条項を参照してください。

免責事項および警告(DJI製品について)

DJI製品の利用は、18歳未満のお子様には適していません。お子様がいる場所で操作する場合は、お子様が製品に触れることのないよう大人が注意を払ってください。

このページに含まれる情報は、お客様の安全および法的権利と責任に関わるものです。
ご使用の前にこのページをよく読み、機体およびコントローラー等の設定、フライト地域が適切であることを確認してください。
このページの説明および警告を読まない、または従わない場合、ご自身または他者が重傷を負ったり、または付近にある他の物体が損傷する恐れがあります。

DJI製品を使用することで、お客様は本ページの免責事項をよく読まれ、記載された条件を理解されて、それらに従うことに同意されたことになります。
お客様は、本製品を使用する際のご自身の行動およびそれに伴うすべての結果に全面的に責任を負うことに同意されるものとします。
お客様は、国内外の航空関連の法規、DJIが策定済みまたは策定予定のすべての条件、予防措置、慣行、方針、およびガイドラインを含め、該当するすべての法律、規則、および法規に従い、適切な目的でのみ本製品を使用することに同意されるものとします。
また、お客様は特定の状況下でお客様のデータ(フライトテレメトリーデータや操作記録を含むが、これらに限定されない)がDJI指定サーバーにアップロードされ、管理される場合があることを理解され、同意されるものとします。

本製品を使用したことによって、直接的であれ、間接的であれ発生した損傷、傷害、およびあらゆる法的責任について、DJIは何ら責任を負いません。
ユーザーは安全上および合法的慣行(これらのセーフティガイドランに記載されている慣行を含むが、これらに限定されない)に従わなければなりません。